Professionals

朴大振

弁理士

  • 簡単なプロフィール

    機械専門弁理士として、機械、自動車、家電製品、生活用品等の多様な分野において、韓国企業の特許出願に関する諸般業務、審判、訴訟等の業務を代理しています。
    約15年間韓国特許庁の機械部門の審査官を務め、特許庁での実務経験を基に特許出願に関する諸般業務、審判、訴訟、紛争業務を担当しています。また、韓国企業の特許侵害分析及び回避設計、技術移転、ライセンス等の契約検討及び法律諮問業務も代理します。特に、企業及び大学等における特許法を含む知的財産権法に関する講義、並びにベンチャー企業の特許権の確保・保護に関する戦略樹立と法律諮問等の活動を活発に行っています。
  • 主要技術分野

    国内外の特許出願、登録、審判業務、知的所有権関連問題に関する諮問及び分析業務、機械工学、自動車モーター装置、自動車制動装置及び部品、制御工学、振動工学、空調機械等
  • 主要業務分野/ケース

    - WiniaMando Inc. 対 Samsung Electronics Co., Ltd.のキムチ冷蔵庫に関する特許訴訟
    - SGB 対 GMS建設の橋梁工法に関する特許訴訟
    - 韓国潤滑技術 対 E.L. KOREAの潤滑油供給装置に関する特許訴訟
    - Sun Tech 対 EASTERN MASTEC CORP.の赤外線内蔵監視カメラに関する特許訴訟
    - SASMAC Co., Ltd 対 Dongyeon Specialty Co.,Ltdのスライド積載フレームに関する特許無効審判
    - 三洋電機株式会社 対 LG Electronicsのドラム洗濯機に対する特許無効審判
    - VOLVO GROUP KOREA CO. LTD. 対 (株)小松製作所の小旋回型建設車両に関する特許無効審判
    - 韓国道路公社 対 (株)Giga Mibsの高速道路精算料金システムに関する特許無効審判
  • 学歴及び経歴

    - 延世大学 法務大学院 特許実用専攻第1期卒業
    - 韓国陸軍士官学校(機械工学専攻)卒業
    - 韓国特許庁 一般機械課 審査官
    - 韓国特許庁 原動機械課 課長
    - 京畿大学 特許庁専担講師
    - 韓国特許庁 特許情報研究会 研究員
    - 大韓弁理士会常任委員
    - 聞慶大学 創業保育センター 経営諮問委員
    - 延世大学 法務大学院 第1回 総同窓会会長
    - TOP特許法律事務所勤務
    - 現 AJU Kim Chang & Lee弁理士
  • 著書及び論文

    -『改正特許請求の範囲-多項制』 
    -『特許請求の範囲の作成と回避設計』
    -『特許法解説』 
    -『論点特許法』
    -『段階式特許法問題集』
    -「特許請求の範囲の作成と解釈に関する小考」
  • Contact

    02-3016-5000
    pdj8233@naver.com

약관

약관내용